STAFF BLOG

スタッフブログ

サイトリニューアルで意識したことなどまとめ

  • WEB関連
  • まさ
サイトリニューアルで意識したことなどまとめ

こんにちは。もりです。
ニビットが始まってからもうすぐ1年半がたとうとしています。
今まで1カラム1ページのサイトしか無かったんですが、このたびリニューアルしてページ数は少ないもののやっとサイトらしいサイトにすることができました。
技術的に特に目新しいことはしてないのですが、意識したことや気を付けたことをまとめていきます。
と言っても、すべて初歩的なことだったりしますが。

色を使い過ぎないように

超初歩中の初歩ですけど、ベース色に縛りを設定してデザインしています。
数秒ほどサイトを見た後で
「あのサイトは何色だった?」
と聞かれたときパッと答えられないサイトは、色使いがダメなサイトです(もちろん例外はありますが)
むかし誰かに教わったんですが、これはずっと意識しています。

そしてニビットのサイトは、
・青緑(ニビットの色)
・グレー
・白

基本的には上の3色しか使ってません。
もっと厳密に言うと、イラストや写真、一部例外を除き、


サイトカラー

この5色しか使ってない(はず)です。

見出しだけ読めばほぼ内容が分かるように

これもウェブライターさんからしたら当然のことかもしれませんが、結論から先に言うという小学校で習った作文技法です。
たいていの人は、新聞や雑誌を斜め読みするとき、ざっと見出しだけ見て興味があったら本文を読むと思います。ウェブサイトもきっとそんな感じでザーッとひと通り一番下までスクロールして見る人が多いんじゃないでしょうか。

ユーザーが、自分の興味があるウェブサイトを閲覧していたとしても、1ページあたりの滞在時間は1分弱だと言われています。
1分弱の間で自分に必要な情報を探してもらうため、ニビットサイトでは見出しだけで本文の内容がほとんど分かるように意識しました。

すべてのページをトップページに

今回のリニューアルのコンセプトがこれです。
トップページというよりランディングページと言ったほうが適切かもしれません。

ニビットサイトのメインコンテンツは、

・ホームページ制作
・Webシステム開発
・企画・運用サポート
・WordPressカスタム
・Movable Typeカスタム

の5つです。
そしてそのすべてが1ページで完結していて、他の情報(バナーなど)はほぼ排除しています。

よくあるタイプの、ヘッダー、コンテンツ、サイドメニュー、フッターで構成されたサイトの場合、ページ全体の情報量に対するコンテンツ部分の割合が50%に満たないことがよくあります。
ニビットサイトはサイドメニューを排除し、ヘッダー、フッターの情報量もなるべく削ぎ、ページ全体の情報量に対するコンテンツ部分が占める割合を多くしました。

ユーザビリティ的なことも考えてのことですが、Google様のクロールも意識しています。

もちろんですがSEOも意識して、というか試験的にこのような仕様にしてみました。

サイト公開して間もないですが、
「WordPressカスタム 名古屋」
「WordPressカスタム 岐阜」
「Movable Typeカスタム 名古屋」
「Movable Typeカスタム 岐阜」
で圏内に入っているので、今のところ順調だと思います。

さすがにこの短期間で「ホームページ制作+地域名」では無理なようですけど・・・。

「Movable Type できます」を言いたかった

Movable Typeを使ってるお客さまが結構いらっしゃいます。

いまやほとんどの制作会社がWordPressをすすめてくると思いますし、WordPressで制作された方も多いと思います。WordPressを使ったサイト制作なんて、ウェブ制作会社として出来て当たり前、最低限のことです。

その中で「WordPressを使ってサイト作ります!」っていまさらだし、Movable Type使ってるお客さま結構いるし、バージョンアップや更新で困ってるっていう話をよく聞くので、じゃあそれ、サイトに書こっかな、どうせなら集客してやれ!と思い立ってのリニューアルでした。
(サイト構成上どうしても「WordPressカスタム」のページも作らざるを得なかったんですけどね)

上でも少し触れましたが、やはり他に「Movable Typeできます」をうたってるサイトが少ないので検索順位も順調に上がってきています。




以上、ニビットサイトリニューアルの小話でした。
今後、実績やお客様の声などを追加していく予定です。小規模でチマチマやってるんでなかなか更新することもないですがたまに見てくれると嬉しいです。