STAFF BLOG

スタッフブログ

Google スマホ重視の変更を4月21日に実施すると発表したけれど、どうすればいいの?!

  • WEB関連 , ニュース
  • たか
Google スマホ重視の変更を4月21日に実施すると発表したけれど、どうすればいいの?!

こんにちは。

最近目立って相談があるSEOの件をお話します。
それは「2015年4月21日からGoogleの検索アルゴリズムが変わるので会社のサイト順位が落ちてしまうのでは!!!」というご相談です。
スマホサイトをお持ちでない企業様は未だ多いと思います。需要があるのに作っていない場合はともかくとして、対企業向けサイトなのでスマホサイトは対象に入れていなかった、という企業様も多のではないでしょうか。Googleのこの施策のせいで検索順位が落ちてしまうのを防ぐためには需要のないだろうスマホサイトでも作る必要があるのでしょうか?

それではここで、Googleの発表をまとめてみます。

 

 検索結果をもっとモバイル フレンドリーに (ウェブマスター向け公式ブログ)

”ユーザーが携帯端末で検索した場合、探している情報がモバイル フレンドリー サイトで公開されていてもアプリで公開されていても、関連性の高いタイムリーな検索結果がユーザーに表示される必要があります。<中略>Google では、4 月 21 日より、ウェブサイトがモバイル フレンドリーかどうかをランキング要素として使用し始めます。この変更は世界中の全言語のモバイル検索に影響を与え、Google の検索結果に大きな変化をもたらします。この変更によって、検索ユーザーは、クエリへの関連性が高く使用端末にも適した高品質な検索結果を見つけやすくなります。”


つまり、スマートフォン利用に最適化されたサイトが「モバイルでの検索結果」で優遇されやすくなるように4月21日に順次変更する、ということです。
スマホで見ている人はスマホサイトを見てもらいやすくしましょう、今までどおりPCサイトでは影響はありません。

eikyou.gif

今までちゃんと対応していれば問題ない!?

今回の施策で気をつけないといけない企業、店舗の方はサイトの利用者が「一般客」の場合のみです。いわゆる「BtoB」の企業様はあまり気にしなくてもいいということですね。
ただし、クライアント先の「企業」がどのような端末で閲覧が多いのかは気をつけて確認する必要があります。
GoogleAnalytics等のアクセス解析ツールで調べてみましょう。スマートフォンでの利用が多ければ検討したほうが良いでしょう。

2015-03-30_141939.gif

そもそも、今回の施策は「モバイル版の検索結果をPC版と変えていきますよ」という対策です。
しかしながら今まではどうだったかというと、ある程度問題あるモバイルページを抱えているサイトには検索ランキングに影響を与えていましたし、さほど驚くほどの問題はないと考えられます。

対応しないといけない企業は..

一般客をターゲットであるサイトは今回に限らず、スマホサイトは必須だと考えてください。これはSEO以前の問題ですので今回がいい機会ではないでしょうか。

既にモバイル版のサイトを運営されている方は、モバイルフレンドリーテストをしてGoogleが正しいモバイルサイトだと認識しているか今のうちに確認してみましょう。
問題があるようであれば今のうちに改修する必要があります。

まとめ

Google推奨のモバイル対応は「サイトのレスポンシブ化」だと言っています。(当サイトもレスポンシブですね。ああよかった。。)
しかし、このレスポンシブ化は既存サイトの改修レベルでは到底対応できません。フルリニューアルと同じ作業量を要しますので、実際の制作費や期間など制作会社さんにご相談してみてください。


結局のところ「予算と運営方針」の問題だけだと思います。
いたずらに不安を煽るような営業電話などが多く聞かれますが、慌てて対策しようと考えずにじっくりとスマートフォン対応の必要性を検討することをオススメます。